平成28年 8月11日(木) 岐阜県高校総体 関市総合体育館

平成28年 8月11日(木) 岐阜県高校総体 関市総合体育館

 

表記の大会での道場生が関係分の成績です。

男子団体はすみません。資料が乏しく割愛させて頂きます。

 

女子団体。

郡上高校準優勝。

試合のスコアです。

 

1回戦

郡上   大垣商

山田 × 長屋

佐藤 × 金山

○加藤メ  清水△

○宮崎メ  岩崎△

○小池メ  吉田

 

2回戦

郡上    多治見

○山田コメ  酒井△

○佐藤メメ  小林△

加藤  × 松村

○宮崎○○  三宅△

○小池メメ  小塚△

 

3回戦

郡上   岐阜北

山田 × 石原

○佐藤ド  山下△

加藤 × 浅井

宮崎 × 嶋

○小池メ  山本×

 

4回戦

郡上   麗澤

山田 × 根来

佐藤 × 加藤

○加藤 × 外山△

×宮崎  メ野川○

小池 × 門川

○小池メ  門川△

 

準決勝

郡上   東濃実業

山田 × 久保中

佐藤 × 牧野

加藤 × 甲斐(上段)

○宮崎コ  藤井△

△小池  メ松下○(上段)

○小池コ  松下△(上段)

 

決勝

郡上   中京

山田 × 肥田

△佐藤  メ平野○

加藤 × 永井

△宮崎  コ大澤○

△小池  コ岡田○

 

といった結果でした。

 

インターハイで中京高校女子がベスト16、麗澤男子が準優勝だったので、来年の選抜大会は男女ともに出場枠は2校です。

選抜出場に向けてがんばって下さい。

平成28年 8月9日(火)10日(水) 中体連東海大会 西尾市総合体育館 女子団体 ベスト8

8/9,10の二日間、中体連東海大会が西尾市総合体育館で行われました。

 

9日大会初日は個人戦すべてと、団体戦予選リーグの各校1試合のみ。

小島たんぽぽが個人戦に出場しましたが、愛知6位の生方麻菜さんに延長でメンを決められ敗退。

団体戦は島中学校が愛知5位の幸田北部中に引分

島中     幸田北部中(愛知5位)

先 ×高橋  -メ  ○

次 ○宮崎メ -   ×

中  丸山メ - コ

副  安藤  -

大  小島 コ-コ

 

10日は団体戦、予選リーグの続き

先鋒の2年高橋ののこが不調のため、3年の中村茉優に交代しました。

 

朝第一試合の山手中には

島中     山手中(三重8位)

先  中村  -

次  宮崎  -

中 ○丸山ココ-  ×

副 ○安藤コ -  ×

大  小島  -

のスコアーで勝利。

 

2試合後、静岡3位の三ヶ日中には

島中     三ヶ日中(静岡3位)

先  中村  -

次 ○宮崎メ -  ×

中  丸山  -

副 ×安藤  -ド ○

大 ○小島メ -  ×

のスコアーで勝利。

何とか決勝トーナメントに進むことが出来ました。

 

決勝トーナメント1回戦の相手は静岡8位の韮山中

島中     韮山中(静岡8位)

先  中村   -

次 ○宮崎メ  -   ×

中 ○丸山 ココ-メ  ×

副 ×安藤   -メ  ○

大 ○小島メメ -   ×

5/3-2/1で勝利。

ベストエイトに入りました。

 

準々決勝の相手は三重1位の西朝明中です。

島中        西朝明中(三重1位)

先  中村   -メメ ○

次 ○宮崎コ  -   ×

中 ×丸山メ  - メメ○

副  安藤   -

大 ×小島   -メコ ○

2/1-6/3で敗退。

 

東海大会での選手の勝敗は

高橋ののこ 0勝1敗

中村茉優  0勝1敗2分

宮崎あおい 4勝0敗1分

丸山 光  2勝1敗2分

安藤敬子  1勝2敗2分

小島たんぽぽ2勝1敗2分

となりました。

平成28年7月30日(土) 岐阜県中体連剣道大会 岐阜県大会 女子団体の部 島中 準優勝 3年個人 準優勝 小島たんぽぽ

平成28年7月30日(土) 岐阜県中体連剣道大会 岐阜県大会

女子団体の部 準優勝 島中 東海大会(愛知県西尾市)8月9日(火)・10(水)に出場

 

平成28年7月31日(日) 岐阜県中体連剣道大会 岐阜県大会

3年女子個人の部 準優勝 小島たんぽぽ 東海大会(愛知県西尾市)8月9日(火)・10(水)

全国大会(長野市)に出場 8月19(金)・20(土)・21(日)

 

団体戦は予選リーグAパートがもつれました。

可茂1位 白川中  1勝2敗1分 4位

美濃2位 武芸川中 2勝1敗1分 2位決勝進出

岐阜2位 島中   3勝0敗1分 1位決勝進出

飛騨3位 馬瀬中  1勝1敗2分 3位

西濃3位 揖斐川中 0勝3敗1分 5位

 

○ 島中2/1-1/1揖斐川中

武芸川0/0-1/1島中○

白川中1/1-2/2島中○

□ 島中1/1-1/1

島中は4試合して、3勝していますが、勝者数5、勝本数6(リーグ最少タイ)でした。

楽な試合は一試合もなく、すべて紙一重の戦いでした。

 

決勝トーナメントは

○島3/1-1/1下有知

準決勝

○島5/2-3/1蘇原

決勝

島1/0-2/1大和○

 

決勝トーナメントも楽な試合は一試合もなく、薄氷を踏む想いでした。

 

決勝では先鋒引分、次鋒一本負けの後、中堅の丸山が開始まもなく面をとり、直後メン・コテが相手の浮いた手元をとらえたように見えました。主審側からは目の前にコテがあり、迷わず旗が上がりましたが、見えていない側の副審2人が消しました。

私も主審側にいましたが、見事なコテでした。

この一本が明暗を分け、惜しくも準優勝でした。

 

試合後に道場で稽古をしました。

疲れていると思いましたが、どうも、遠間からのメンが全く打てていません。相手に技を出させないように、自分の出す技が小さくなってしまっているような気がしました。

20分間一本勝負の稽古を集中して行ったあと、締めに遠間からいろいろな「攻め」を使ってのメン打ちを5分間だけ行いました。

 

翌日の個人戦では、安藤敬子が2回戦で敗退。

丸山光が2回戦の初戦で敗退。

小島たんぽぽが昨日は調子悪そうにしていたのに、今日はどっしり落ち着いて、攻めを使って遠間で勝負しています。大変立派な構えと伸びのある打ちでした。

決勝では応じ技のツボを持っている子で、ちょっと攻めの甘かったメンに対してメン抜き胴をとられました。

しかし、遠間から下段を攻めての伸びのあるメンが決まりました。

すばらしいメンでした。

この面を打つために今までみんなで毎日稽古してきたのです。

そんな集大成の面でした。

 

延長となり、メン・コテを返してのメンをとられ、惜しくも準優勝でした。

 

3年生3人、中村茉優、丸山光、小島たんぽぽ、そして2年の宮崎あおいは日曜以外毎日稽古していました。

良くやった。

茉優は団体戦に出る機会はありませんでしたが、あなたのがんばりがみんなを引っ張ってきたんだと私は思っています。みんなよく頑張りました。

これから、東海大会、全国大会でも思い切り暴れて下さい。

平成28年7月23日(土) 岐阜県中体連剣道大会 岐阜地区大会 女子団体の部 準優勝 3年個人 優勝 丸山光 六位 安藤敬子 八位 小島たんぽぽ

平成28年7月23日(土) 岐阜県中体連剣道大会 岐阜地区大会 岐阜清流アリーナ

女子団体の部 島中学校 準優勝 3年個人 優勝 丸山光 六位 安藤敬子 八位 小島たんぽぽ

 

 

平成28年7月9日(土) 岐阜県中体連剣道大会 岐阜市大会 女子団体の部 優勝 3年個人 優勝 丸山光 二位 小島たんぽぽ 三位 安藤敬子

平成28年7月9日(土) 岐阜県中体連剣道大会 岐阜市大会 清流アリーナ

 

女子団体の部

島中学校 優勝(メンバーすべて道場生)

 

2016-07-09 16.23.16

 

女子団体の決勝は何度ももうダメかと思いました。

先鋒  ×髙橋 一本負け

次鋒   宮崎 引分

中堅  ×丸山 一本負け

副将  ○安藤 引き胴で一本勝ち

大将  ○小島 一本先取されるも二本取り返し勝ち

代表戦 ○小島

 

中堅が一本負けした時点で、もうダメかと思いました。

しかし、副将の安藤がつないでくれました。

試合の内容としては、安藤はあまりにも引き技を多く出していたので、下がったところを追い込まれ、

ピンチになる場面も多く、そんなに下がってはダメだと思っていましたが、積極的に技を出しており、

もうすぐ時間切れかと思う頃、ついに引き胴が決まり大将につなぎました。

 

そして、大将が何とかしてくれると思っていたら、一本先取されてしまいました。

しかし、そこから二本取り返した小島は立派でした。

 

代表戦、島中は大将の小島、付属中は中堅の近藤さん。

小島が攻め打つが近藤は下がって避けて、得意の抜き面を狙っていましたが、小島は打たせません。

もう一つ近藤が狙っていたのが、小島の引き技の下がったところを追い込んでの面。

ここも、小島は引き技は積極的にだすものの打たせません。

膠着した展開になりましたが、最後は小島の面でした。

 

大逆転の勝利でした。

 

 

男子団体の部

三位     加納中学校(メンバーのうち一名が道場生)

ベストエイト 島中学校(メンバーのうち一名が道場生)

 

3年女子個人

優勝 丸山光

二位 小島たんぽぽ

三位 安藤敬子

 

もう一人の三年生、中村茉優。

中村は勝てばベストエイト地区大会出場というところで、もう一人の三位藍川東中の

山内さんに延長の末敗れてしまい、市大会で散りました。

 

さて、準決勝では

小島 対 山内(藍川東)長い延長戦になり小島の勝ち。

 

もう一つの準決勝は

丸山 対 安藤 延長戦で丸山の勝ち。

以前の安藤は打ちが弱く間合いが近くなると全く打てませんでしたが、

ここに来て力強い打突と小さい踏み込みが出来るようになりました。

また、面だけでなく、小手や胴、引き技も使えるようになりました。

 

丸山もスピードと打ちがかみ合うようになり、以前のような、

空回りがなくなって非常にバランスよくなりました。

足捌きが上半身について行けるようになり、安定感が増しました。

 

決勝は見応えのある試合になりました。

小島 対 丸山

どちらも中学から剣道を始めた初心者同士。

 

知っている技はすべて同じ技。

長身の小島は遠間からの様々な攻め口を交えた面。

すばしっこい丸山はスピードを生かした変化の攻めからの技。

どちらも攻め技、引き技、応じ技、それぞれの個性を生かした得意技を持っています。

 

一進一退の攻防で延長になりました。

小島が遠間から攻めきってすばらしい面を打ちました。

決まったかと私も思いましたが、しかしぎりぎりで丸山は面返し胴を決めました。

どちらも、よくぞ打ったと思える技でした。

 

彼女らは、学校での、朝練、夕練そして道場での稽古と一日三回の稽古をこなしています。

そして、小島・丸山・中村・宮崎(2年)は、道場の稽古の火・木・土だけでなく、

月・水も稽古を付けて下さいと志願して稽古しています。

 

私は道場を初めて二八年目になりますが、この子達ほど剣道に対して、

純粋に、一所懸命、真剣に取り組んだ子達は今までいません。

教えながらもこの子達には頭が下がります。

偉いな、すごいなと思います。

すばらしい子達です。

 

 

昨年私の長女(明音)が中三でそれなりの結果を残しましたが、

本当の敵は、他校や対戦する相手ではなくて、

自分のチームのなかにいました。

 

今年は選手全員が一丸となって目標に向かって努力しています。

目標は、全国大会出場です。

きっとよい結果が待っていることでしょう。

 

2年女子個人

優勝 髙橋ののこ

三位 實城明里

 

2年もがんばりました。

準決勝でこの二人が対戦しました。

少し前まで自信をなくして悩んでいた實城さんも、

これで自信を取り戻したことと思います。

 

高橋さんは団体戦で思うように結果が出ません。

でも、個人戦はとても慎重でありながら大胆な技を出すことが出来ました。

この経験を、地区大会の団体戦に生かして下さい。

 

1年女子個人

三位 渡邉湖菜

 

一年生もこれを励みにこれからがんばっていって下さい。

 

 

3年男子個人

ベストエイト 矢島直弥(島中)

個人での地区大会出場です。

島中は男子団体ベストエイトで地区大会出場です。

団体戦では他にも細野晏史君の所属する加納中学校が三位に入賞し、地区大会に進みます。

 

平成28年7月2日(土) 岐阜県剣道選手権 中学女子の部 丸山光 ベストエイト

平成28年7月2日(土) 岐阜県剣道選手権(清流アリーナ)

中学女子の部

丸山光(島中3年) ベストエイト

小島たんぽぽ(島中3年) 3回戦敗退

 

小島たんぽぽさんは、優勝した河村さんに延長で小手を打たれ敗退でした。

鍔ぜりからの引き面が何本も決まっていましたが、旗は上がらず、

もう少しで時間切れの場面での一本でした。

残念でした。

 

これから中体連の大会が始まります。

道場の休みの日も、数名の希望で館長が稽古につきあって来ました。

努力はきっと報われます。

力を出し切って下さい。

平成28年6月18日(土)・19日(日) 第 63 回 東海高等学校総合体育大会 関市総合体育館 女子団体戦 第3位 郡上高校

平成28年6月18日(土)・19日(日)

第 63 回 東海高等学校総合体育大会 関市総合体育館

表記の大会が行われました。

 

女子団体戦

第3位 郡上高校 宮崎明音 次鋒にて出場

 

予選リーグ

○郡上2/2-1/1津田学園△

□郡上1/0-1/0三好□

△磐田西2/1-4/2郡上○

勝ち点2.5で1位抜け

静岡1位の磐田西に勝ち、決勝トーナメントへ

 

決勝トーナメント

準々決勝

△岡崎城西1/1-3/2郡上○

愛知1位の岡崎城西に勝ち、準決勝へ

 

準決勝

○中京2/2-2/2郡上△代表戦

代表戦にて大将同士が戦うも、惜しくも準決勝敗退

 

決勝

△中京1/1-4/3麗澤瑞浪○

麗澤瑞浪がインターハイ予選の雪辱を果たす

 

女子個人戦

1回戦

宮崎明音(郡上高校1年 岐阜6位) 面 一本勝ち

稲垣如乃(西尾高校3年 愛知3位)

鶴城中出身の稲垣選手に豪快な面で一本勝ち

 

2回戦

鈴木りさ(磐田西高校3年 静岡7位)延長 面 一本勝ち

宮崎明音(郡上高校1年 岐阜6位)

磐田西高校の中堅を務める上段の選手に、竹刀落としの反則を1回奪うも

延長で面をとられ敗退

 

 

明音の戦績は、

予選リーグ 総て引き分け。

攻める気持ちが弱く、守りに入る場面が多く観られた。

 

準々決勝

郡上対岡崎城西では個人戦で3位入賞の長田選手に一本負け。

 

準決勝

郡上対中京では、インターハイ予選では同じ相手(平野)に一本勝ちで、

唯一の勝利を上げましたが今大会では引き分け。

代表戦にもつれ込んでの敗退は、先鋒が一本とって勝って来ていただけに、

続いてほしかった。攻めが後手になっていた印象。

 

一年生で個人でも東海大会出場は立派な成績。

しかも、愛知3位の稲垣さんに豪快な面を決め手の勝利は明音らしい。

2回戦では、初めての本格的上段との戦いで、あそこまで出来ればこれからが楽しみ。

団体戦では勝ってチームに貢献したかったが、今ひとつの出来。

これからは、積極的な攻めと打った後、避けた後のの技のつながりを磨いてほしい。

平成28年6月12日(日) 岐阜市民大会 中学女子の部 優勝(島中)

平成28年6月12日(日) 岐阜市民剣道大会 岐阜市南部スポーツセンター

 

 

小学生4年の部

準優勝 キム・チェミン

3位  下入佐 亮汰

大会での初めての入賞おめでとう。

大会で結果が出ると励みになりますね。

これからも楽しく稽古しましよう。

 

小学生6年の部

3位 河合 希里斗

プレッシャーに弱いという所を克服できたかな?

次はもっと上を目指して稽古しましょう。

 

入賞できなかった子達も、大きな声を出してがんばっていました。

大会結果だけでなく、自分のいつもやっている稽古に真剣に取り組み、

自分の限界を超えていくことが大切です。

 

「もうこれでダメだ」と思ったところから、もうひとつがんばる。

「自分は当然出来る」

という自信を作っていこう。

 

中学女子の部 優勝(島中)

S__12935186

レギュラーは補欠も含め、総て誠裕館道場生です。

試合内容は

S__12935185

上から

1回戦、藍川中0/0-10/5島中

2回戦 付属2/2-4/2島中 競り勝ちました。

準決勝 島中3/2-2/2長森中 薄氷を踏む想い。大将の大逆転勝利

決勝 精華中1/0-9/4島中 相手が一人欠けていたので気持ちに余裕がありました。

 

秋の市民大会では、長森中に敗戦しました。

このチームになって初めて、自分達の力で優勝を勝ち取りました。

選手争いも激しくなりました。

自らを高めあって、最高の結果に結びつくように努力しましょう。

 

泣いても笑っても、中体連大会まであと50日を切りました。

出来る精一杯の事を、やり尽くす。

そうすれば結果はついてきます。

大会まで残りの日を悔いなく稽古しましょう。

 

平成28年度 インターハイ予選 女子団体戦 準優勝 郡上高等学校 女子個人 宮崎明音 ベストエイト

平成28年度 インターハイ予選 関市総合体育館

 

女子団体戦

優勝  中京高等学校

準優勝 郡上高等学校

3位  麗澤瑞浪高等学校

3位  美濃加茂高等学校

 

宮崎館長の長女、宮崎明音が郡上高等学校の選手(次鋒)として出場しました。

昨年のインターハイ団体戦の覇者、春の選抜大会岐阜県代表の麗澤瑞浪を0-2で中京高校が破り、決勝へと駒を進めました。

郡上高校は美濃加茂高校を4-0で破り決勝へ。

 

決勝は中京2-1郡上で中京の優勝でした。

インターハイではがんばって下さい。

 

女子個人戦にて、郡上高校 宮崎明音 ベストエイト。

 

郡上高校女子は6/18~19 関市総合体育館で行われる、東海総体に団体出場。

個人でも宮崎明音が出場します。