剣道 新型コロナウイルス感染症が収束するまでの暫定的な試合審判法 思うところ もう少し続きます

このエントリーをはてなブックマークに追加

前回からの続きです。

以前、中体連ルールで中学生の三所隠しが反則になりました。
「左こぶしを上げ、面とコテと右胴を同時に隠す動作は反則」というものです。

中体連主催の試合限定のルールです。
普段中体連ルールで審判をしていない方は、全く反則を取れません。
ひょっとしたら知りません。
中学生の試合でも中体連ルールを適用しない試合では、「三所隠し」のみで即反則はありません。

左胴(逆胴)を躊躇なく一本にとれる方が少なくて、がら空きの左胴に逆胴を決めたにもかかわらず、旗が上がらず引き分けにされてしまったり、当たったかどうかよくわからないような技で敗戦になってしまうケースをよく見かけました。

胴に関しては、一本にとらない、一本にとれない先生方が多いように感じます。
「打てない技はとれない」とも言われます。
胴の打てる先生が少ないのです。

私は胴には思い入れがありまして、試合審判をしているとき、胴は一本に上げます。
もちろん、面やコテと同じ基準で一本としているだけです。

見逃す。
これ結構みんなやるんです。
試合開始早々の技。
すれ違いざまの引き技。
有名選手・優勝候補と対戦する無名選手の思いがけない技。
場外・竹刀落とし以外の反則行為。

10年ほど前でしょうか、全日本女子学生剣道優勝大会(団体戦)の審判をやったことがありますが、そのときのことです。
たしか、鹿屋体育大と東京農大の試合でした。

先鋒戦でした。私は副審。
鹿屋体育大の先鋒がやたらと、三所隠しをやるのです。
お互い触刃の間から打ち間へと入ろうとするとき、相手が攻めて間合いを詰めようとするとき、相手が打とうとするとき、鍔迫り合いで相手が何か仕掛けようとするとき。
とにかく、すぐに三所隠し。

見るに見かねて主審がやめをかけ、
「三所隠しが多すぎるから時間空費の反則をとります。」
副審二人とも
「はい。」

序盤に、鹿屋体育大の先鋒に反則をとりました。
おそらく、大学の試合では「三所隠し」の反則はとられないだろうと高をくくっていたのでしょう。
その後の試合の展開で、普段の癖で三所隠しをしようとして、途中でいけないと思ったのか、頭上に手を上げる前に止めてしまいました。
東京農大の子がそこに面を決めました。

次鋒以降も普段当たり前に「三所隠し」を多用しているのでしょう。
避けようとして途中でやめ、打たれてしまう。
鹿屋体育大は優勝候補の一つでしたが、東京農大に敗れてしまいました。

この団体試合の中で、三所隠しに対して反則をとったのは何回だと思いますか?
・・・・。

先鋒でとった一回だけです。
一回反則をとっただけで、団体全員がガタガタになってしまったのです。

コロナ以前、高校や大学の試合はとてもつまらないものになっていました。
立ち会いでの勝負を避け、避けながら鍔迫り合い。
鍔迫り合いから引き技をだまし打ち。
ほとんどの試合が「打ち合い」ではなく「避け合い」「だまし合い」でした。
両方が避けながら鍔迫り合いになる。
また、鍔迫り合いでも逆に交差させたり、相手の肩に竹刀をかけて打てなくしたり。

時間だけかかって、内容のない剣道でした。
そして、だまし討ちのうまい選手が勝っていく。
インターハイを会場で見たことがありますが、個人戦は特に、上位の試合になるほど眠たくなります。
本当にウトウトしてしまいます。

間合いが詰まってさあこれから・・・、というところでお互いバンザイ。
団体戦は試合時間が決まっているので少し我慢すれば良いですが、個人戦はダメです。
延々避け合いが続きます。

さて、コロナ渦で剣道の試合を成立させるために、全日本剣道連盟は暫定ルールを定めました。
感染のリスクを減らすため、鍔迫り合いの時間をなくすことが一番の狙いでした。
が、それと同時に今までの勝負のあり方を是正しようともしています。
全日本剣道連盟のホームページから引用します。

以下引用

【趣旨】

  1. 主催大会実施にあたっての感染拡大予防ガイドラインの遵守(感染予防)。
  2. 不当な「つば(鍔)競り合い」および意図的な「時間空費」や「防御姿勢による接近する行為」の解決。
  • これまでの試合は試合時間の約半分以上が、「つば(鍔)競り合い」に費やされていると言われている。これを改めて、立ち会いの間合からの攻め合いを中心とした試合展開へ移行する。
  • 剣道の試合にとって「勝負」の要素は大事であるが、姑息な勝負の仕方を是正し、反則ギリギリの勝負ではなく真っ向から勝負をする態度を養う。
  • 「つば(鍔)競り合い」については試合者の態度や心の問題が大きく影響し、規則だけで裁くのは困難である。試合者と審判員が共通に理解し、一体となって、良い試合の場を醸成する。

引用終わり

姑息な勝負、反則ギリギリの勝負ではなく、真っ向勝負を目指したのです。
今回の全日本女子剣道選手権、岐阜県予選決勝においては、真っ向勝負ではなく、「姑息」であり、「反則ギリギリ」ではなく「反則そのもの」の技で勝負がつきました。
私にはそう見えました。

恐らく、序盤から防御姿勢による接近を見逃してしまったために、途中から反則にはとれなくなってしまったものと思われます。(見ていないのでわかりません)

理事長が、
「竹村のは手が肩より上がっていないから防御姿勢ではない。」
と言われたことからもわかるように、
実際には肩より手が上がっていたにもかかわらず、上がっていないと思い込んでしまって、反則をとることが出来なかったのではないでしょうか。

いずれにしても、全日本剣道連盟の趣旨は、
「これまでの姑息な剣道から、真っ向勝負の剣道へと変えていきたい」
ということなのです。

岐阜県だけがせこい剣道を続けることのないよう、全日本剣道連盟の趣旨を理解し、選手・審判員がともに理解し、厳しく取り組んでいく必要を感じました。

いよいよ今週末、中体連の全国大会予選が始まります。
まずは市大会、翌週には地区大会と試合が続きます。
子供たちの努力が報われるよう、適正公平に審判を務めます。

選手の皆さんは公明正大に試合に取り組んで下さい。

心から応援します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。