優秀指導者育成講習会に参加しました

このエントリーをはてなブックマークに追加

平成29年6月3日、岐阜メモリアルセンター剣道場にて、剣道範士 島野泰山先生による、指導者育成講習会が開催されました。

 

その中で、覚えておきたいことばがありましたので、ここに備忘しておきます。

「と、て、が、無し」

これだけを聞くとなんのことだかわかりませんが、攻めと打ちに関する考察になります。

 

島野先生の若き頃、九段範士(名前は失念)の先生から聞いた言葉だそうです。

 

と、

攻め と 打ち

攻めと打ちがばらばら。

これでは二拍子になり避けられてしまう。

 

て、

攻め て 打つ

これは1、5拍子。

これも避けられる。

 

が、

攻め が 打ち

攻めと打ちが一体となり、攻めが効き一本になりやすい。

 

無し

攻めもなく「ここ」というところで無心に出る技。

 

意識してできるのが、がの境地かな。

 

無しの境地は、「不動智」の世界。

 

講習会の最後の地稽古が非常に刺激になりました。

出てよかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です