平成30年3月27日 全国高等学校剣道選抜大会 春日井市総合体育館 郡上高校女子 ベスト16

平成30年3月27日・28日、全国高等学校剣道選抜大会が春日井市総合体育館にて行われました。

今年の選抜大会には、誠裕館道場の門下生が二人、別々の学校から出場しています。
選抜大会予選で優勝した高山西高校から、小島たんぽぽ。
同じく準優勝の郡上高校から、宮崎明音。
岐阜県予選の決勝リーグではこの二人が戦う場面もあり、引き分けています。

さて、
高山西高校の1回戦、鹿児島実業との対戦でした。

高西     鹿実
先鋒 小島  ×  白尾
次鋒 辻   ×  森本
中堅○小林メ    東
副将 坂ノ上 ×  野間
大将 高木  ×  岡崎

小林の一本を守り切り初戦を突破しました。
小島も決め手こそなかったもののよく攻めていました。
高西らしい堅実な試合でした。

高西の2回戦は甲子園学園との対戦。

甲子園    高西
先鋒○須藤コ    清水
次鋒 坂本    メ辻 ○
中堅 瀬戸  ×  小林
副将 杉原  ×  坂ノ上
大将○出口メメ   高木

甲子園は兵庫2位、近畿大会4位で、この全国選抜大会ではベスト8まであがっています。

郡上高校は1回戦高知高校との対戦でした。

高知     郡上
先鋒○寺村メ    村瀬
次鋒○永野コ    佐藤
中堅 下島    コ簑島○
副将 福岡   メメ山田○
大将 佐竹メ × メ宮崎

先鋒・次鋒をとられ、これまでかと思われましたが、中堅簑島が踏ん張り、副将山田がひっくり返してくれました。
緒戦の劣勢を挽回して流れを変えてのよい試合内容でした。

郡上高校の2回戦は栃木県の文星女子です。
郡上     文星
先鋒○村瀬メ    磯
次鋒○佐藤ド    小林
中堅 簑島  ×  渡邊
副将 山田  ×  上野
大将 宮崎    メ奈良田○

副将が引き分けたところで勝負がついて、珍しく先行逃げ切りの試合でした。

1日目ふたつ勝ってベスト16です。
翌日の3回戦に残りました。

さて、3月28日、ベスト8をかけた試合は鹿児島県樟南高校(旧鹿商工)です。
郡上     樟南
先鋒 村瀬   ドメ東 ○
次鋒 佐藤    メ平山○
中堅 簑島   メド樋口○
副将 山田  ×  脇田
大将 宮崎    メ栁元○

全国大会初出場でのベスト16は上出来だと思います。
負けた試合も、4-0と大差にみえますが、細かく見ていくとそれほど力の差があるわけではありません。
自信を持って5月のインターハイ予選までさらに力をつけていってください。

男子・女子の決勝まで見ましたが、男子の剣道は眠たく、女子の剣道は汚い。

どんなことかというと、
男子の試合では、お互い構え張り合って間合いを詰めせめぎ合い、さあこれから、というところでお互いバンザイして鍔迫り合い。
これが果てしなく続く。

朝早かったこともあり、さあこれから・・・かくん。
さあこれから・・・かくん。
としているうちに眠ってしまう。
今時の高校剣道は試合偏重になっているので致し方ない所だとは思いますが、私たちが学んできた「剣道」と、伝えていく「剣道」はこれじゃないだろうという感が、強いです。

それにしても、実に眠い試合だ。

 

女子は、「汚い剣道」がまかり通ってしまった。

一つは、鍔迫り合いで気になる「柄がらみ」。
相手の手の内に左拳を柄ごと突っ込み、体勢を崩す。
これを使う子が増えたような気がします。

もう一つが三所隠し。
こんなの剣道じゃない。
しかし、強い。
唯一の救いは、優勝チームの大将で代表戦を勝ち抜いた選手が「優秀選手」には入っていないこと。
さすがに目のしっかりした方々は、「優秀選手」には選びたくないという気持ちの表れでしょうか?

平成30年1月20日(土) 全国高等学校剣道選抜大会 兼 東海高等学校剣道選抜大会 岐阜県予選会 高山西 優勝  郡上 準優勝

平成30年1月20日(土) 全国高等学校剣道選抜大会 兼 東海高等学校剣道選抜大会 岐阜県予選会 関市総合体育館 高山西 優勝  郡上 準優勝

男子
優勝   高山西
準優勝  麗澤瑞浪
三位   中京
四位   郡上
ベスト8 大垣東
〃    斐太
〃    市岐阜商
〃    関商工

女子
優勝   高山西(小島たんぽぽ)
準優勝  郡上(宮崎明音)
三位   美濃加茂
四位   中京
ベスト8 長良
〃    市岐阜商
〃    済美
〃    益田清風

 

誠裕館道場の関係では、女子の優勝高山西で小島たんぽぽが選手として出ていました。
もう一人、準優勝の郡上高校で宮崎明音が出ていました。

例年はトーナメントによる上位2校が全国選抜剣道大会に出場していました。
しかし、今年は新人戦の結果に基づくシードをおこない4つのブロックの勝者をトーナメントで選出し、
4校でリーグ戦をおこない全国出場校を決定しました。

今回の方式は選手達も納得のいくやり方ではないかと思います。

 

郡上高校は、予選トーナメントの最終戦(3回戦)、市岐商との対戦でした。
そこまでの試合は相手が3人しかおらず、
次鋒と副将は市岐商戦がこの日初めての試合になります。
動けるだろうか?
少し心配でした。
先鋒から副将まですべて引分で大将戦となりました。
市岐商の大将は近本さん。
郡上は宮崎明音。

今まで練習試合を含めても負けたことのない相手だったので自信を持って望んだと思います。

素晴らしい面を決めて一本勝ちで決勝リーグにあがりました。

 

決勝リーグは、

第1試合、美濃加茂-郡上、高山西-中京の組み合わせでした。

 

美濃加茂1/1△-○2/2郡上

1-1の大将戦となり、美濃加茂の大将藤川に宮崎がコテを決め勝利しました。

 

高山西0/0□-□0/0中京

どちらも決め手無く引分でした。

 

第2試合は

高山西1/1○-△0/0郡上

高山西の先鋒が引き面で取った1本を守りきられました。
高山西はこの試合だけオーダーをがらりと変えてきました。
中学時代、一緒に道場で剣道を学んだ先輩後輩が剣を交える。
郡上の大将の宮崎明音に小島たんぽぽを当ててきたのです。

剣道の先輩、学校の先輩の、明音が勝たなければいけない試合でしたが、
凌ぎきられてしまいました。
たんぽぽが左拳を上げて避けようとしたところに、
逆胴が入ったかにみえましたが、審判は三人とも無反応。

高山西が逃げにかかっている試合運びの中で、
三所隠しのガラ空き逆胴を打っても取ってくれない(取れない)審判はきつい。

高山西は、郡上が引き技を出そうとすればくっつき、
構えて攻め合えば打たずに避けながら鍔迫り合いに持ち込む。
いかにも今風の剣道ですが、どうだかなあという感じです。

まともに相手と鍔を合わせない、反則すれすれの鍔迫り合い、
積極的に相手にくっついて打たせない行為。
攻め合わず、避けながら相手にくっついていく剣道。

今の高校生にとっては当たり前の剣道です。
悲しいことに。

 

中京2/1△-○4/3美濃加茂

美濃加茂が中京に勝利したようです。

 

第3試合

中京1/1△-○6/3郡上

次鋒が面を取られましたが、中堅以降2本勝ち3連勝で郡上でした。
中京も高山西のように守りの剣道に徹するのかと思いきや、中途半端に感じられました。

 

高山西2/2○-△1/1美濃加茂

美濃加茂の大将が攻めてなんとか一本取ろうとしていましたが、逃げ切られてしまいました。

 

よその剣道に対してあれこれ言いたいこともありますが、
私が教えられるのは自分の道場に来てくれる子だけです。
日本の伝統を踏まえたきれいな剣道を伝えるのが自分の使命です。

高山西の何人かや中京の数名、美濃加茂の副将や大将のような剣道はいかがなものか。

勝つためには、相手と合わせない鍔迫り合いや裏交差、故意に竹刀を肩にかけ打たせない。
打つことなく避けながら鍔迫り合いに積極的に入っての時間空費。

審判が反則を取れる技量がないことをみこしての様々な行為がむなしく感じられました。

これからの剣道どうなるのでしょうか?

 

 

手前味噌ですが、
それにつけても、明音はすごい。

手を肩より挙げて避けることは一度もない。
いつも正しい鍔迫り合いをしようとしている。

小さい体で大きな面を打ち、大きな剣道をする。
正々堂々。

たいしたものだ。

平成29年11月18日(土)池田町総合体育館 第63回岐阜県高等学校剣道新人大会 高山西(女子)優勝 郡上高校(女子)三位

平成29年11月18日(土)池田町総合体育館 第63回岐阜県高等学校剣道新人大会 高山西(女子)優勝 郡上高校(女子)三位

表記大会が行われました。
道場生は、高山西 小島たんぽぽ、郡上 宮崎明音が出場しました。

女子団体
優勝  高山西(小島たんぽぽ)
準優勝 中京
三位  美濃加茂
三位  郡上(宮崎明音)

女子個人
優勝  高木(高山西)
準優勝 古市(中京)
三位  川元(中京)
三位  安田(美濃加茂)
ベスト8肥田(中京)
〃   宮崎(郡上)
〃   山田(郡上)
〃   辻 (高山西)

この大会は可哀想な大会でした。

団体戦、個人戦どちらも。

審判のあまりのひどさに、
同じ剣道をやるもの、審判をやるものとして恥ずかしくなってしまいました。

審判をやっている本人達はわからないのでしょうか?
これだけ誤審が多いと剣道をやめてしまう子が多くなるでしょう。

平成29年11月12日(日)  第25回諏訪湖剣道大会 岡谷市民総合体育館 郡上高校(女子)優勝

平成29年11月12日(日)  第25回諏訪湖剣道大会 岡谷市民総合体育館 郡上高校(女子)優勝

なかなかすごい大会で優勝したようです。

女子
優勝 郡上
2位 榛原
3位 岡崎城西
4位 大同

1回戦
郡上7/4○-△0/0上伊那農業

2回戦
郡上4/3○-△1/1浜松湖北

 

3回戦
郡上5/3○-△4/2皇學館
2-2引分なら本数負けの大将戦で宮崎がコテを2本勝ち

 

4回戦(準々決勝)
郡上3/2○-△2/1和歌山工業
1-1引分なら本数負けの大将戦で、面の2本勝ち

 

準決勝
郡上3/2○-△3/1大同大大同
1-1引分なら本数負けの大将戦で、コテを選手するも面を取り返され、最後は胴で勝利。

 

決勝
郡上2/2○-△0/0榛原
一本勝ちの1勝で大将も面の一本勝ち

 

レベルの高い大会での優勝は自信になったと思います。

平成29年8月15日(火) 岐阜県高等学校剣道大会 女子団体 郡上高校 3位

平成29年8月15日(火) 岐阜県高等学校剣道大会 女子団体 郡上高校 3位

新チームでの初めての公式試合になります。

準決勝で高山西に対し

先鋒 村瀬 引分

次鋒 丸山 一本負け

中堅 山田 一本負け

副将 簑島 引分

大将 宮崎 引分

で敗退し、3位になりました。

 

高山西は中京高校も準々決勝で下し、決勝では美濃加茂を下し優勝です。

 

新人戦に向け、気を引き締めて稽古を積んで下さい。

 

インターハイでは、男子団体は高山西、女子団体は麗澤瑞浪が共にベスト16に入る検討を見せ、ハルの選抜大会は男女とも2校ずつの枠ができました。

全国大会出場を勝ち取って下さい。

平成29年8月12日(土) 少年少女親善剣道大会 信州大学 中学女子個人 優勝 髙橋ののこ

平成29年8月12日(土) 少年少女親善剣道大会 信州大学 中学女子個人 優勝 髙橋ののこ

宮崎あおいは1回戦敗退。

髙橋ののこはあおいを破った相手と決勝戦を戦い2-1で優勝。

 

団体戦は4チームでのリーグ戦で、先鋒次鋒を欠く、中堅 金、副将 髙橋大智、大将 ののこ・あおいのオーダーで、1勝1敗1分けで予選敗退。

大将は男子選手を相手に2勝(あおい・ののこ)1敗(あおい)。

中堅1勝1敗1分け。

副将3勝。

負けたとはいえ楽しく戦えた試合でした。

平成29年7月29日(土) 中体連 剣道競技 岐阜県大会 OKB岐阜清流アリーナ

平成29年7月29日(土) 中体連 剣道競技 岐阜県大会 OKB岐阜清流アリーナ

地区大会で個人戦に出場した、髙橋、實城、宮崎いずれもベスト8には入賞できなかったので、今年は団体戦だけの出場となりました。

 

予選リーグは、神戸、島、中山、下有知、泉

2勝2敗で予選敗退となりました。

 

第1試合での下有知との対戦で、

先鋒 宮崎あおいが1本勝ち。

次鋒 交田が2本負け。

その後3人が引き分けての初戦の躓きが、厳しい結果となりました。

 

リーグ1位の神戸中には、

先鋒 宮崎 一本負け(微妙な判定)

次鋒~副将 引分

大将 髙橋 一本負け(つばぜり合い解消時に間合いが切れる前に打たれた、高校では反則となる打ち)

と差のない内容だったので、初戦での負けに悔いが残りました。

 

東海大会には出られませんでした。

平成29年7月22日(土) 中体連 剣道競技 岐阜市大会 OKB岐阜清流アリーナ 女子団体 島中学校 準優勝

平成29年7月22日(土) 中体連 剣道競技 岐阜地区大会 OKB岐阜清流アリーナ

女子団体 島中学校 準優勝

 

予選リーグは、島中 伊自良中 岐南中 精華中

全勝で決勝トーナメントに進みました。

 

決勝トーナメントは、

1回戦 真正中を3-0で下し準決勝へ

準決勝は、各務原桜丘中

先鋒の宮崎あおいが1本勝ち。それを守りきり1-0で勝利。

 

決勝は

先鋒 宮崎メ - メ松永

次鋒○交田ド -  水小瀬△

中堅△實城  -メ 廣井○

副将 渡邉  -  渡邉

大将 髙橋  -  奥野

代表 髙橋  -メ 奥野○

となり、準優勝でした。

平成29年7月8日(土) 中体連 岐阜市大会 OKB岐阜清流アリーナ 女子団体 島中学校 優勝(4連覇) 3年女子個人 3位 宮崎あおい

平成29年7月8日 中体連 岐阜市大会 OKB岐阜清流アリーナ

表記の大会が開催されました。

7月22日(土)中体連地区大会

7月29日(土)、30日(日)中体連県大会

8月8日(火)、9日(水)中体連東海大会

8月18日(金)、19(土)、20(日)中体連全国大会

と続く試合の第一戦です。

昨年は、女子団体戦が県大会決勝で大和中に1本差で敗れ準優勝、

個人戦県大会決勝で小島たんぽぽが1-2で敗れ準優勝。

個人・団体とも東海大会出場。

女子個人戦では長野市で行われた、中体連全国大会に出場し、最後まで戦うことができました。

 

3年男子、細野晏史君が加納中から団体・3年男子個人に出場しましたが、惜しくも中体連地区大会には駒を進めることができませんでした。

女子は、島中レギュラーの4人が道場生です。

女子団体 優勝 島中学校

無難に予選を1位で勝ち上がり決勝リーグへ。

予選リーグ1回戦は市民大会決勝で戦った藍川東でした。

島中
先鋒 宮崎あおい○一本勝ち
次鋒 横溝   △一本負け
中堅 實城明里 - 引分
副将 渡邉湖菜 - 引分
大将 髙橋ののこ- 引分
代表 髙橋ののこ○

代表戦で髙橋ののこが出小手を決め準決勝へ。

 

準決勝は岐阜大学付属中でした。

準決勝
島中
先鋒 宮崎あおい○一本勝ち
次鋒 横溝   - 引分
中堅 實城明里 - 引分
副将 渡邉湖菜 - 引分
大将 髙橋ののこ○二本勝ち

 

決勝は予選リーグで藍川東に勝ちリーグ1位で決勝トーナメントに上がった、長森中でした。

長森中先鋒1年生の森園さんが元気よく動きも速く、ムードメーカー的な働きをしていました。

決勝
島中
先鋒 宮崎あおい△二本負け
次鋒 横溝   - 引分
中堅 實城明里 - 引分
副将 渡邉湖菜 ○一本勝ち
大将 髙橋ののこ○二本勝ち

という内容で2-1での勝利でした。

 

個人戦。

今年の3年は1年、2年時の優勝は髙橋ののこで、3位に實城明里が入っていました。
ののこが3連覇するかと期待しましたが、まさかの準々決勝敗退。相手は精華中の上田さんでした。
相面で上田さんに旗が上がりました。
ののこは相面でまず負けないのですが、動画ではののこが中心を割り相手の面がそれ、ののこの面が入っているようにみえましたが、審判には逸れた竹刀が面に当たったようにみえたのでしょう。
まったく注目していなかった選手に負けたことで、中体連地区大会では気合いを入れ直してやってほしいと思います。

髙橋ののこ ベストエイト

實城明里  ベストエイト

明里は藍川東の大将、永井さんと準々決勝で対戦して敗退。

3年女子個人 宮崎あおい 3位

あおいは準決勝で永井さんとあたり、面を打つところに横から打った小手を取られ、一本負け。
私は永井さんの小手は逸れ、あおいの面かと思いましたが、審判はタイミングがよかったので小手を取ったのでしょう。

再来週の中体連地区大会に向けて、甘いところを見直すよい機会になりました。