平成27年8月22日(土) 全国中学校剣道大会 宮崎明音 一回戦敗退

このエントリーをはてなブックマークに追加

平成27年8月22日(土) 秋田市において開かれました、

全国中学校剣道大会におきまして、宮崎明音が出場しました。

一回戦で福岡一位 玄洋中 妹尾さんと対戦し、

延長にて二度目の場外反則により反則による一本で、一回戦敗退でした。

優 勝 (福岡県・福岡市立玄洋中学校) 妹尾 舞香
第2位 (福岡県・那珂川町立那珂川北中学校) 柿元 冴月

その後、妹尾さんは危なげなく勝ち進み、

決勝は同じ福岡県代表、那珂川北中 柿元さんとの対戦にも勝ち優勝しました。

 

明音との一回戦の内容は、3分間では両者決めてなく延長となりましたが、明音が面を打ち体当たりをした後のバランスの崩れを見逃さず、体格差を利用し場外に押し出されてしまいました。

延長となってからも慎重な試合運びで、鍔迫り合いになったところ妹尾さんが明音の肩に竹刀をかけ分かれようとする瞬間、明音の得意の引き面を打ち跳び下がりました。

良いタイミングで引き面が決まったかにみえましたが、旗は一本も上がらず、勢い余って場外に出てしまいました。ここを勝てば優勝だぞと、弁当を持ってやるつもりで戦えと、大杉先生の言葉を試合前に明音に言ってありましたが、あっけない幕切れとなりました。

県内で戦っていると、試合場内のポジション取りや相手との位置関係を考えなくても勝ててしまう。

しかし、年間千試合近くこなしている試合巧者との戦いでは、体格に劣る者は、素早く体をさばき回り込まなければ、とばされてしまうなあというのをつくづく感じました。

 

明音も悔しかったとは思いますが、体捌きの大切さや、試合場内での位置を確保することを学んだと思います。高校ではこの悔しさを跳ね返し、インターハイに挑んでほしいと思います。

練習相手で一緒に行ってくれた、安藤礼子さん、ありがとうございました。

 

遠く秋田まで応援に駆けつけてくださった皆様、あっけない試合でしたが、本当にありがとうございました。

試合当日、アップの稽古を付けていただいた、境川中の奥村先生、巣南中の中尾先生、ありがとうございました。

お礼申し上げます。

平成27年8月22日(土) 全国中学校剣道大会 宮崎明音 一回戦敗退」への1件のフィードバック

  1. Oh my goodness! Impressive article dude! Thanks, However I
    am going through troubles with your RSS. I don’t know the reason why I am unable to subscribe to it.

    Is there anybody having the same RSS problems? Anyone that knows the
    solution will you kindly respond? Thanks!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です